どうぶつの森アプリ版の事前情報予想のコーナー!

ポケモンGO大ヒットで、どうぶつの森も注目されて嬉しい限りです!

今回は「スマホアプリ版でのマイデザイン」について。

 

 

マイデザインって?

どうぶつの森シリーズでは、服をはじめとして壁紙やマップ(地面)などを自分でデザインする機能があります。

マイデザインで洋服をデザインすれば、洋服を買わなくてもすみますが、マイデザインはオリジナルのデータになるので、そのデザインでグレースのファッションチェックを受けることはできません。(テーマなどの情報が含まれないため)
それでも構わなければ、洋服の代わりにマイデザインを着用することはできます。

なお、通常のマイデザインは、洋服(トップス) ・帽子 ・かさ のいずれかとしてしか着用出来ません。

他には、地面に貼る、壁にかざる、イーゼルにして部屋に飾る・部屋の中で絨毯・壁紙の代わりとして貼るなどができます。

 

 

WS001794

また、自分のマイデザインをQRコードにして他の人に公開することもできます。

この機能により、よりどうぶつの森の遊びの幅が広がりました。

 

 

どうぶつの森スマホアプリ版にマイデザイン機能はある?

ガチャがあるのでないかも?

一つ考えられるのは、ガチャがある前提の話しでいくとマイデザインはないと思います。

任天堂としては、もちろん売り上げが必要ですのでマイデザイン機能があれば、衣服ガチャなどを誰も引かなくなるからです。

そりゃ、運営が用意したものより自分で作ったデザインの方がいいですよね。

普通の家庭用ゲーム機のどうぶつの森はソフトを買わないといけませんが、アプリだと基本無料なのでマイデザインを使えば完全無課金で楽しめてしまいます。

任天堂からすればよろしくない状況になるわけです。

となると、服や家具は好きなデザインをガチャで引くという形になると思います。

 

 

ユーザー販売形式

さきほどはガチャがある前提でしたが、もしかするとガチャはないかもしれません。

ポケモンGOを見ても、任天堂はガチャで課金を煽るようなスタイルではないのでガチャではなくほかのスタイルで課金要素があるのではないのかと。

そこで、マイデザインをユーザー間で売買させる方法。

販売者はマイデザインを任天堂の許可を得て登録、購入者はその中から好きなのを選んで課金して買うみたいな。

販売者には一定割合の収入が入り、手数料を任天堂に支払う。

こういった形にすれば、デザインの幅も広がり運営も新デザインを考える必要もないし、ユーザー間の取引が活発になります。

LINEのユーザークリエイトスタンプみたいな感じですね。

せっかくのマイデザインですので、なんとかアプリ版にも実装されてほしいですね~。