任天堂スマホアプリの最新情報コーナー!

一年に2~3本のアプリが誕生!?

 

任天堂がスマホアプリを継続的に製作

任天堂は今後もスマホアプリの開発を続け、年に2、3本のタイトルを展開する予定だという。

同社の経営⽅針説明会における質問応答で、君島達⼰社長は「任天堂のタイトルとしてお客様に楽しんでいただけるスマートデバイス向けアプリを年に2~3本程度継続的にリリースしていくつもりです」と発言した。

任天堂にとって、スマートフォン進出の1年目はかなりの成果があった。自社の「Miitomo」、「スーパーマリオ ラン」、「ファイアーエムブレム ヒーローズ」はどれも期待を上回り、同社が部分的に所有する「Pokémon GO」は大ヒットとなった。

 

当初、2017年3月までに出す予定だった5本のアプリのうち、3本しか配信されなかった(「どうぶつの森」も次年度に再度延期された)が、君島社長はDeNAとの協業について「⾮常にうまく協⼒して進められている」と発言した。

 

今後の戦略として任天堂は、引き続き自社の人気IPを使ったスマホアプリを展開していくそうだ。
「ゲーム専⽤機と直接連動しないスマートデバイスアプリであっても、関係性を感じてもらえるように提案する⽅法はあると思っています」と任天堂の取締役・常務執⾏役員の⾼橋伸也氏は説明した。

 

「スマートデバイスは、特にタブレットの様に⼤きなものは、⼩さなお⼦様にも触っていただきやすく、任天堂の IP(知的財産)に接していただきやすいデバイスだと認識しており、スマートデバイスとゲーム専⽤機の間に相乗効果を⽣み出せるように考えています」

 

どうぶつの森は後回し

当初、2017年3月までに出す予定だった5本のアプリのうち、3本しか配信されなかった(「どうぶつの森」も次年度に再度延期された)が、君島社長はDeNAとの協業について「⾮常にうまく協⼒して進められている」と発言した。

 

どうぶつの森アプリもやはり開発が遅れてるわけではなさそうですね。

ファイアーエムブレムヒーローズとマリオランの運営を優先した感じですか。

他のアプリも出るとなると、さらに延期・・・ってことも?

さすがにそうなるとユーザーも呆れるでしょうね。

どうぶつの森だから2回の延期でも許せたものの、普通のタイトルなら完全に炎上ものですよ。

 

どんなタイトルがリリースされる?

現段階では明らかになっていません。

ただ、任天堂は人気作がまだまだあるのでしばらくは安泰でしょうね。

スマブラ・スプラトゥーンやカービィー、ゼルダの伝説など、まだまだありそうです。

3ヶ月に1本くらいのペースでしょうか。そこそこハイペースですね。

現状、スマホアプリも飽和化しているのでそれでも遅いくらいかもしれませんが、クオリティは保ちつつ面白いものを出してほしいですねw

スマホアプリ間でのコラボとかもあれば楽しそうですしw